2016年9月30日

JRNAの歴史

NPO法人日本リハビリテーション看護学会 20年のあゆみ
1989.11.18(平成元年) 第1回 日本リハビリテーション看護研究会発足
1990.9.29(平成2年) 第2回 日本リハビリテーション看護研究会
1991.10.19(平成3年) 第3回 日本リハビリテーション看護研究会
1992年 日本リハビリテーション看護学会へ名称変更
1992.10.24(平成4年) 第4回 日本リハビリテーション看護学会
1993.11.13(平成5年) 第5回 日本リハビリテーション看護学会
1994.11.12(平成6年) 第6回 日本リハビリテーション看護学会
1995.11.25(平成7年) 第7回 日本リハビリテーション看護学会
1996.11.30(平成8年) 第8回 日本リハビリテーション看護学
1997.11.22(平成9年) 第9回 日本リハビリテーション看護学会
1998.11.28(平成10年) 第10回 日本リハビリテーション看護学会
1999.10.2(平成11年) 第11回 日本リハビリテーション看護学会
2000.11.18(平成12年) 第12回 日本リハビリテーション看護学会
2001.11.10(平成13年) 第13回 日本リハビリテーション看護学会
2002年10月 学会事務所 所沢から小平に移転
特定非営利活動法人としての団体資格取得
2002.11.9(平成14年) 第14回 日本リハビリテーション看護学会
2003.10.29(平成15年) 第15回 日本リハビリテーション看護学会
学術大会誌1集 「リハ看護の課題」保存版発行
2004.10.2(平成16年) 第16回 日本リハビリテーション看護学会
2005.10.15(平成17年) 第17回 日本リハビリテーション看護学会
2006.10.14(平成18年) 第18回 日本リハビリテーション看護学会
“リハビリテーション認定看護師”検討のための委員会設置
2007.11.10(平成19年) 第19回 日本リハビリテーション看護学会
2008.11.8(平成20年) 第20回 日本リハビリテーション看護学会
2009.11.14(平成21年) 第21回 日本リハビリテーション看護学会
2010.11.13(平成22年) 第22回 日本リハビリテーション看護学会
2011.11.5(平成23年) 第23回 日本リハビリテーション看護学会
2012.11.10(平成24年) 第24回 日本リハビリテーション看護学会
NPO法人日本リハビリテーション看護学会 成立前の歴史的出来事
1947 傷痍軍人への対応 身体障害者収容助産施設設置(米ラスク博士の訓練プログラム導入)
1948 英国:国営医療サービスでリハビリテーション開始
1949 身体障害者福祉法
1950 国立身体障害者更生指導所(現国立障害者センター)
国立聴力言語障害センター、国立視力障害センター
1960 精神薄弱者福祉法、身体障害者雇用促進法
国際リハビリテーション協会設置
1965 理学療法士および作業療法士法
1970 心身障害者対策基本法
障害者の社会参加施策徐々に整備
1971 視能訓練士法
1975 国連総会「障害者の権利宣言」
(障害者の施設処遇、地域生活支援、権利保障を求める運動)
1981

国際障害者年制定 ー完全参加と平等ー(保健・医療、福祉・生活環境の総合的推進)
医療法一部改正「つんぼ、おし又は盲の者」

       →「目が見えない者、耳が聞こえない者、口がきけない者」

1983 FIM米国で誕生 1987年スタート 1991年日本語版FIMガイドブック出版
1988 リハビリテーション世界会議 東京開催 93カ国